山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

回転翼の海鳥たち(第20回)

19.新しき猛禽の巣立ち(承前)

(2)無人の回転翼
 近時、UAVと総称される無人航空機が続々と戦場に姿を見せていますが、それは海の上でも変わりはありません。無人艦載回転翼機というと、すでに1950年代にDASHの挑戦と失敗がありましたが、今再び脚光を浴びつつあるわけです。

 採用に最も近いのが次の2機種ではないかと思います。
 ひとつは、アメリカ海軍向けにノースロップ・グラマン社が開発中のRQ-8A「ファイア・スカウトFire Scout」無人ヘリです。2003年8月に、ドック式輸送揚陸艦LPD「デンヴァーDenver」で、遠隔操縦での発着実験に成功。さらに2006年1月にはLPD「ナッシュヴィルNashville」で、遠隔操縦ではない自律発着実験にも成功しています。現在は改良試作機RQ-8Bを開発中といいます。
 もうひとつが、ベル社が研究中の無人ティルトローターVTOL「イーグル・アイEagle Eye」です。無人機かつティルトローター機という、最新技術の組み合わせで豪華です。米沿岸警備隊向けに1998年には縮小試作機が初飛行しています。
 以上2機種は、日本の海上保安庁も一時導入を検討していたとも聞きます。

 無人艦載回転翼機としては、ボンバルディアCL-227「センチネルSentinel」と改良型のCL-327「ガーディアンGuardian」というのもあり、1990年代には駆逐艦「ヴァンデグリフトVandegrift」で飛行実験していたようです。ティルト・ウィング機も作っていたカナディア社が元は研究していたもので、こちらの画像のように、なかなか素敵な姿ですが不採用の模様。残念至極。
 前述のイーグル・アイも予算の関係で開発が停止中と言い、だいぶ雲行きは怪しいところ。

 こうしてみるとそう簡単に制式採用はないかもしれませんが、ロボット化された回転翼の海鳥が甲板上に羽根を休める日も、必ずやってくることでしょう。その時、1931年に弱々しいオートジャイロから始まった艦載回転翼機の兵器としての歴史は、一つの頂点に到達したということになると思います。もはや兵士が乗って命を懸ける必要の無いそれは、兵器の最も洗練された姿でしょうから。(このシリーズ終わり


主要参考資料
<書籍>
ハワード・ホィーラー「ヘリコプター作戦」(朝日ソノラマ文庫,1990年)
Bruce H. Charnov「From Autogiro to Gyroplane」(Praeger,2003年)
玉出栄治「陸軍カ号観測機」(光人社,2002年)
防衛研修所戦史室「海軍軍戦備〈2〉開戦以後」(戦史叢書88,朝雲新聞社,1975年)
「月刊モデルグラフィックス2007年3月号/通巻268号」(大日本絵画,2007年)
「世界の艦船1984年10月号/通巻342号」(海人社,1984年)
「丸2001年12月号/通巻668号」(潮書房,2001年)

<ウェブページ>
Aviation Now/航空の現代」(日語)航空評論家の西川渉氏のサイト。
helis.com」(英語)ヘリコプターの歴史。年代別や製造会社別などいろいろ。
Igor I. Sikorsky Historical Archives, Inc.」(英語)
  シコルスキーに関する情報。伝記や開発機体など。
All the World's Rotorcraft」(英語)
  オートジャイロを含む回転翼機のデータベース。製造会社ごとに分類。
CLASSIC ROTORS」(英語)ヘリコプターのデータベース。
World Aircraft Carrier Lists」(英語)古今東西の航空機運用艦データベース。写真が豊富。
Las Alas Rotativas en elRecuerdo」(西語)
  艦上実験の写真などシエルバ系オートジャイロの情報に詳しい。
American Merchant Marine at War」(英語)
  米国の戦時徴用船員関連のサイト。米陸軍の航空機修理船関連の記述。
United States Coast Guard」(英語)米国沿岸警備隊の公式サイト。
旧制壱岐中学・壱岐高女―同窓会便りとふるさとの今昔」(日語)
  「ふるさとの今昔」のコーナーに、カ号観測機部隊の元隊員の回想等。
『南極観測船“宗谷”の改造工事について』レジメ」(日語)
  日本海事科学振興財団作成。「日本財団図書館」により公開されているもの。
「『南極観測船“宗谷”とヘリコプター』レジメ」(日語)同上。
HU-1」(英語)米海軍最初の実戦ヘリ部隊の公式サイト。
uboat.net」(英語)ドイツ潜水艦についての高名サイト。Fa330の記事等。
AHS International The Vertical Flight Society」(英語)各種垂直離着陸機。

各種機体・艦艇のアイコン画像は、以下をお借りしました。
アイコン&お絵かき工房」(日語)「WarBirds」別館。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/238-fe21aac9
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。