山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

ノモンハン事件の対戦車兵器あれこれ

 ノモンハン事件中、日本軍とて手をこまねいていたわけではなく、前の記事で触れたような火炎瓶以外にも戦車対策はいろいろと考えました。
 速射砲と呼ばれていた対戦車砲の集中が代表例です。中距離であれば(*1)、当時のソ連軍のあらゆる装甲車両を撃破する威力がありました。本来は1個歩兵連隊に1個中隊(4門)しかないのですが、ハイラル要塞に配備されていたものを抽出して独立速射砲中隊7個(単純計算だと28門)以上を編成し、第23師団に配属しています。事件後半にかけては、満州各地の師団からも速射砲中隊だけが抽出されて投入され、最後は中国戦線まで手を伸ばしてかき集めています。戦車の矢面に立つために損耗も激しく、7月20日までには18門(現地保有数の25%)を破壊されて、いっそ日本本土の速射砲と砲弾を全部送ってくれという悲鳴のような電文が関東軍兵器部から発信されています(関兵電513号)。
 やや旧式化した41式山砲も、各歩兵連隊の歩兵砲「連隊砲」と称して配備されており、対戦車用に活躍しました。トラックに積み込んで木製架台に据え付け、簡易対戦車自走砲として運用した例もあります。後半には重砲兵部隊の自衛用としても山砲が追加配備されていました。

 対戦車用に投入された新兵器の一つが97式20mm自動砲、採用間もない対戦車ライフルです。
97式20mm自動砲ノモンハン事件で鹵獲 数の詳細はわかりませんが、全部で20門から50門程度が実戦使用されたのではないかと言います。少なくとも7月29日に、ノモンハン事件用として関東軍へ10門が支給されたことが確認できます(*2)。前線に届いたものの例として第23師団の歩兵第71連隊に1門が支給されておりますが、試射した途端に破損して返却されてしまったといいます(*3)。なお、ソ連軍の鹵獲兵器リストにも1門だけ記録され、写真も残っています(右画像)。
 威力の方は、軽装甲だった当時のソ連軍装甲車両になら一応の効果があったようです。歩兵第71連隊第2大隊の大隊砲小隊長代理だった見習士官によると「本当に良い砲」だったといいます。同連隊には、前述の最初の1門が試射だけで破損してしまった後、再び1門支給されて第2大隊の大隊砲小隊に配備されていました。同連隊は小松原師団長直率の救援隊に参加し、自動砲は8月30日のバルシャガル高地での戦闘では大活躍したそうですが、最終的には破壊されたものと思われます。
 しかし、将来的な威力不足が危惧されたのか、はたまた高価格が災いしたのか、97式自動砲のその後の生産は少数に終わっています。

 もう一つの新兵器は火炎放射器(日本陸軍式には「火焔発射機」)です。ソ連軍は陣地攻撃に使い日本兵を恐怖させましたが、日本軍は対戦車兵器として持ちだしています。対戦車攻撃専門の独立工兵小隊3個が、それぞれ93式小火焔発射機を12基も装備して末期に出動したのですが、おそらく実戦には参加していません。
 火炎放射器の対戦車用法は関特演の際のマニュアルに紹介されていたり、ドイツ軍の教本にも出てくきたりするのですが、射程の短さなどからあまり有効とは思えません。しかし、日本陸軍は有力と考えたらしく、太平洋戦争中も対戦車任務に使用しています。隙間から車内に火炎を送り込んで損害を与えるという作用機序から、火砲と違って装甲厚を無視して攻撃できる点に期待したのでしょうか。

3年式重機関銃高射仕様_ノモンハン事件 以上のほか、97式自動砲の姉妹品ともいうべき新兵器の98式20mm高射機関砲も、本来の対空戦闘ではなく、対戦車戦闘に使用され活躍したという説もあります。当時は制式前で「試製九八式二〇粍高射機関砲」と呼ばれておりました。これに対し、Wikipediaのノモンハン事件の項目では、投入の事実はなく自動砲の誤認であるとしています。しかし、独立野砲兵第1連隊本部が、防空用に「高射機銃」を持っていたという証言(*4)があり、これは98式高射機関砲の可能性がありそうです。ほか、高射砲部隊の補助装備にも対空機銃があったようです。(左画像はノモンハン事件中の日本軍だが、使用しているのは3年式重機関銃の派生型高射機関銃)

注記
*1 ソ連側の戦車砲は45mmと一回り大口径であったため、射程外から一方的攻撃を浴びてしまうこともあったようです。そのため、新型の47mm速射砲の開発を急ぐべきとの戦訓が報告されていますが、実際に1式47mm速射砲が完成したのはだいぶ後で、生産も間に合わず真の後継とは成れませんでした。

*2 「兵器特別支給の件」(JACAR:Ref.C01003491000)

*3 「ノモンハン会報 第51号」収録の、歩兵第71連隊第2大隊の大隊砲小隊所属の見習士官の回想。ニゲーソリモト付近にいたときに最初の1門が支給されたといい、8月下旬の師団司令部への合流前と思われます。

*4 「ノモンハン会報 第25号」収録の独立野砲兵第1連隊員の回想によると、7月3日に敵機1機の撃墜を報じています。もっとも詳細不明で、ホ式13mm高射機関砲や対空銃架に据えた重機関銃などの可能性もありそうです。連隊史を一読した限りでは機種不明。

参考文献
マクシム・コロミーエツ「ノモンハン戦車戦」(大日本絵画、2005年)
アルヴィン・クックス「ノモンハン―草原の日ソ戦1939」(上巻、朝日新聞社、1989年)
徳田八郎衛「間に合わなかった兵器」(光人社NF文庫、2001年)
「第2次ノモンハン事件損失兵器補充に関する件」
    (アジア歴史資料センター(JACAR):Ref.C01003492200)
「戦車第5連隊及独立工兵小隊編成に関する件」(JACAR:Ref.C01005956100)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/260-c8bb170c
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: