山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルマ独立秘史―その名は南機関

泉谷達郎「ビルマ独立秘史―その名は南機関―」
                    (徳間文庫、1989年)

総合評価:★★★★★
 太平洋戦争中、ビルマの独立運動を支援するために作られた日本軍特務機関「南機関」があった。開戦前から、オンサンやネ・ウィンらビルマ独立派の活動家たちと密かに接触し、活動の準備を進めていたのだ。その目標は、ビルマ独立義勇軍(BIA)の組織。
 中野学校出身者で元機関員の著者が、元機関長や幹部たちから集めた情報も基に明らかにした、特務機関の活躍と挫折の記録。
 太平洋戦争において、日本は植民地解放を謳って、東南アジア各地で独立運動の支援を行いました。そのうち、ビルマ(現ミャンマー)での工作を担当した特務機関が「南機関」です。1940年から工作を始め、開戦後はビルマ侵攻作戦に加わり、1942年7月に解体されます。
 本書は、以上の南機関の活動期間全体についてまとめられたものです。開戦前のビルマ独立活動家との接触や、国外脱出させての海南島などでの戦闘訓練、侵攻作戦での実戦などが出てきます。解散後のビルマの状況についても簡単には触れられていますが、詳しくは同じ著者の「ビルマに咲いた友情と信頼の花―インパール作戦・イラワジ会戦外史」(日本・ミャンマー歴史文化交流協会、1997年)を参照すべきようです。
 内容は、きわめて資料性の高いものとなっています。元機関員の著者自身の記憶のほか、鈴木敬司大佐(機関長)や川島威伸大尉ら幹部の証言を集めた成果です。一般向け書籍の形を取っていますが、戦友会などによるいわゆる部隊史とも言えそうです。巻末には、南機関員とビルマ独立活動家、軍事顧問団の名簿まで付いています。秘密性が高く公的記録にも残りにくい特務機関について、これだけ詳細な資料というのは非常に高い価値があるでしょう。

 あくまで日本側からの視点ではありますが、ビルマ独立義勇軍(BIA)や後身のビルマ防衛軍(BDA)、ビルマ国軍(BA)についての資料としても貴重な内容を含んでいます。簡単な編制表や幹部の構成などのデータもあります。実戦の記録も、ビルマ侵攻時にイギリス軍の旅団司令部を襲撃して大戦果をあげたことや、舟艇機動を行った水上支隊の活動などなかなか面白いです。
 一番心に残った部分としては、戦前の図上演習時のやりとり。英印軍の勝利との判定が出て撤退するよう言われても、ビルマ志士たちは「ノー、絶対に負けない」と言い張ったのだといいます。独立への熱い想いが伝わってくると感じました。

 全体を通して描かれるのが、日本軍の一般部隊とも、ビルマ人とも異なる南機関の微妙な立場です。ときに機密保持の関係から面倒な事態を生じたり、軍上層部の思惑とずれた行動をして睨まれたり、ビルマ独立活動家とも対立することもあったり。ああ板挟み。
 日本が掲げた「大東亜共栄圏」の構想が、偉大なる理想なのか、名目ばかりのプロパガンダであったか。いずれと見るにしても、その名の下にどういった秘密工作が進められ、どのような成果を生んだのかの実像を見ておくに越したことはないと思うのです。

総合評価:★★★★★(中野学校出身者の活動実態についての資料としても)
Comment
2011.10.27 Thu 20:12  |  菊池 #l9065ZhE
大東亜戦争開戦前、大同海運㈱の恵昭丸がラングーンでビルマ米を搭載の際、ビルマ青年三人を密かに日本に連れ出したケースがあったので、様々追跡したところ南機関の関与が濃厚なので下記サイトに載せてみました。何かご助言いただければと思います。
http://www.geocities.jp/kaneojp/02/0212.html
南機関との接点  [URL] [Edit]
2011.10.30 Sun 19:59  |  山猫男爵 #-
宛:菊池様
あまりお役に立てませんが、サイトの掲示板の方に書き込みをさせていただきました。
  [URL] [Edit]
2011.10.31 Mon 11:11  |  菊池 #l9065ZhE
宛; 山猫男爵 様

拙BBSへの投稿 誠にありがたく 今後ともよろしくお願いいたします。
南機関との接点  [URL] [Edit]
2011.11.18 Fri 20:51  |  菊池 #l9065ZhE
東南アジア研究8巻2号の末尾に下記の記録をみつけました。
「コウサイ丸」は「恵昭丸」と推定されますのでお知らせします。
ーーー
脱出第3陣は, コウ・フラマウソ(ボウ・ゼーヤ), タキン・サンミャ(ボウ・タウティン),マウソ・キンマウソウ← (ボウ・ターヤ-)の3名で, 杉井氏と共に「コウサイ丸」で日本に向かった。214)
南機関の関与  [URL] [Edit]
2011.11.23 Wed 23:20  |  山猫男爵 #-
宛:菊池さま
続報お知らせいただきありがとうございます。
なかなか返信できず、申し訳ありません。
人数が一致しているという点は、かなり有力な感じがいたしますね。
Re: 南機関の関与  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/265-aeaef2c9
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。