山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

フカヒレ食べるとホタテが減る?

『サメ乱獲でホタテ危機 カナダの大学など研究』(産経新聞2007年4月14日)
『シュモクザメやメジロザメといった大型のサメの数が、フカヒレ目当ての乱獲などで減少した結果、これらのサメが餌にしていた魚が増え、米国の東海岸でホタテガイなどが減る傾向にあることがカナダ・ダルハウジー大学などの研究で分かった。』(以下略)

(1)フカヒレの持ち主の大型サメが減っている。
(2)大型サメの餌であるエイなどは増えている。
(3)エイの餌はホタテなどの貝類である。
(4)エイが増えた海域でホタテは減った。

 だから、ホタテの減少は、サメ漁のせい。大型のサメを捕獲するのをやめましょうという話だそうです。
 どのくらい確かな話なのでしょうか。サメの増減一つ取っても、なかなか推定するのが難しいと思うのです。例えば手がかりとなる漁業水揚げ量にしても、フカヒレだけの状態で水揚げされたり、副業的に混獲される分が多かったり。
 ましてや、その先の因果関係となると、さらに証明は厳しい気がします。

『南方のエイで二枚貝被害 温暖化も一因、対策なく』(西日本新聞2007年4月7日)
『熱帯や亜熱帯の広い海に生息する「ナルトビエイ」によって、豊前海のバカガイや有明海のタイラギなど二枚貝が食べられる被害が、九州を中心に広がっている。温暖化による海水温上昇などが原因』(以下略)

 日本のほうでも似たような騒ぎが起きて、こちらは海水温上昇が原因との見方をしています。表象が似ているだけで、原因は別問題かもしれませんが。
 まあ、漁獲制限という方向の対策のようですから、推論に誤りがあっても、それほどひどい結果にはならないかもしれません。これが、増えたエイを害獣駆除しろという方向だったら、もう少し落ち着けと言いたくなります。

 記事では、『国際的な漁獲規制などはまったく存在しない。』と研究者の一人が言っていますが、実際には、ある程度の規制は進んでいるようです。
 米国では1997年以降、ホオジロザメなどの陸揚げが禁止されています。規制対象は「陸揚げ」ということで、スポーツフィッシングでキャッチ&リリースならば、直接には関係ないということでしょうか。スポーツフィッシングには、別の規制があるようですが。
 2004年には、日・米・欧州連合が、大西洋水域でのフカヒレ専門漁の中止を合意しています。

参考サイト
サメの海」:特に「サメの保護」の章。

追記
 ところで、『「軟骨ががんに効く」などと宣伝されたこともあって個体数が減少しているアブラツノザメなど2種類を、条約の規制対象種にしようと提案する』というのですが、こういう商品の話でしょうか。そうか、ガンにも効くのか……いや、サメ乱獲原因説よりももっと怪しいような気が。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/27-1320b80b
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。