山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア戦車と日本戦車は似てるよね

 親戚の子へのクリスマスプレゼントにする本を買いに、都心の本屋に行ってきました。5年前にも書きましたが、どうにもプレゼントのセンスに自信が無いので、本に頼ってしまいます。
 幸い手ごろな本があったので包んでもらい、これも本屋に置いてあったお菓子そっくりのキャンドルを添えることにしました。このキャンドルがチョコレートやタルトの形に良くできていて、甘い香りが実においしそう。思わず食べてしまいそうで、小さな子どもにはうっかり渡せない代物ですが、もうあの子には大丈夫でしょう。

総力戦体制研究―日本陸軍の国家総動員構想 で、ついでにうろうろ本を眺めてきたところ、右掲の纐纈厚「総力戦体制研究」(社会評論社、2010年)という本が新しく出ていたので購入。目次を眺めた程度で、内容はまだ詳しく読んでいませんが、1981年初版の同名書の改訂版でした。
 ちと気になったのは表紙の写真です。ほとんどの写真は日本軍が被写体で、日本の総力戦体制を研究対象とした本書の内容にあってるのですが、なぜかイタリア戦車の写真が一枚混じっています。第二次世界大戦時のイタリア軍の主力戦車であるM13/40中戦車、厳密には小改良型のM14/41の写真らしいですが。
 たぶん、日本戦車と間違えて使われてしまったのだろうと思います。M13シリーズは、装甲をリベットで接合した構造とか、わりと垂直な前面装甲とか、同世代の日本の主力戦車だった97式中戦車チハシリーズと外観も性能も似ています。特に、47mm砲装備のいわゆるチハ改(新砲塔チハ)は、全体の印象がかなり近い気がしますがどうでしょう。いや95式軽戦車のほうが近いでしょうか。
 このミスは、日本軍オタク・イタリア軍オタク両方を敵に回しますぞ。日本軍びいきは、ヘタリアなんぞと間違えるなと言うでしょう。ビバ・ドゥーチェな人は、どうせマイナー軍隊ですよとへこたれる……いや、そんな細かいこと気にしないかな。
 人も本も見た目で判断しちゃいけませんが、ちょっと良くない予断を与えられてしまいましたことよ。中身の編集はちゃんとしてるのかなあ。

参考画像:M14/41中戦車(左)、97式中戦車(47mm砲型、中)、95式軽戦車(右)
M14tank.jpg 帝国陸軍九七式中線車 [新砲塔チハ] (1/35スケールプラスチックモデル組立キット) type95tank.jpg
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/281-381707e6
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。