山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

鋼棺戦史(第1部ノモンハン・第3章・後編)

3.五族協和の旗の下に(承前)
nomonhan_map7.png ハンダガヤで安岡支隊の指揮下に入った満軍興安支隊ですが、7月1日になって任務が変更されます。7月3日の第23師団主力のハルハ川渡河総攻撃、安岡支隊主力の北方からの東岸攻撃とは別に、興安支隊単独でホルステン川南方での攻撃を実施することになったのです。
 このとき、ホルステン川南岸のニゲーソリモト(二本松高地)やノロ高地には、ソ連第11戦車旅団の第175機関銃狙撃兵大隊などが布陣していました。第175機関銃狙撃兵大隊は、第一次ノモンハン事件でソ連軍ブイコフ支隊の基幹戦力だった部隊です。一般中隊3個のほかT-37水陸両用戦車8両などを本来持っていたようですが、第1次事件や6月末の安岡支隊との交戦で消耗していました(注1)。支援部隊として装甲車両や砲兵も付属したものと思われますが、よくわかりません。ブイコフ支隊と同じとすれば装甲車・自走砲各1個中隊などが付属して、総兵力1200人・装甲車両20両・各種火砲12門といった程度でしょうか。
 額面上の戦力では、1個師団で1個大隊を攻めるので圧倒的に興安支隊有利と見えますが、装備の質や兵員の練度も考えると楽な戦いではありません。なお、日本側は、ソ連側の兵力を過小評価していたようで、7月7日時点でもノロ高地付近には歩兵200~300人と装甲車両12両程度と判断していました。

 7月1日夕刻、興安支隊は戦闘を開始します。この時点での手元兵力は騎兵3個連隊と砲兵、そして小堀保俊上尉率いる装甲車隊などで、部隊集結は未了でしたが、第23師団や安岡支隊とタイミングを合わせなければならなかったのです。ところが、興安騎兵第5団を前衛として出撃直後に、ソ連側装甲車両の襲撃やホルステン川北岸などからの砲撃を受け、あっさりとん挫してしまいました。
 7月2日から4日、後続部隊を集めつつ興安支隊は攻撃を続けて、ノロ高地東方7~9km付近の753高地(イミ高地)と二本松高地を占領します。これは、北岸で圧迫されたソ連側が、自主的に後退したためと思われます。興安支隊の戦いぶりは、小松原第23師団長にはかんばしくないと見られ、7月7日の総攻撃のため歩兵第71連隊基幹の岡本支隊がホルステン川南岸に増援されることになりました。

 岡本支隊の着かない7月5日から7日、興安支隊はなおも前進してノロ高地に取りつこうとしますが、ソ連側の猛反撃を浴びてしまいます。例えば最も前進した興安学校教導団(約100人)は、ノロ高地東方2kmの747高地まで迫りますが、兵力の2/3を失いました。
 この最中に、あるいは史上唯一と思われる満州国軍とソ連軍の機甲戦闘が発生しています。二本松高地に置かれた興安支隊司令部は、7月6日、敵装甲車両6両の襲撃を受けました。それを、第1独立自動車隊装甲車隊の装甲車1両が迎撃したのです。ソ連側の車種はわかりませんが、おそらく45mm砲塔装備の装輪装甲車であったと思われます。満軍装甲車の37mm平射砲でも装甲を貫徹不能な相手ではないでしょうが、数でも性能でも絶望的な差での戦闘でした。満軍装甲車はあえなく撃破され、勇敢な乗員は戦死しています。
 満足な対戦車兵器を持たない興安支隊は、ソ蒙軍の装甲車両に蹂躙されることが多かったようです。支隊司令部も、立ち向かった護衛装甲車が撃破された後に至近距離から戦車砲を浴び、蒙古少年隊の犠牲的な肉薄攻撃によりかろうじて救われています。ソ連側に損失車両は無かったものの、危険を感じて後退したのでした。この戦闘で蒙古少年隊は隊長の寺崎中尉が戦死しました。

 7月7日に支隊司令部員まで手榴弾を配布して全滅を覚悟したころ、ようやく岡本支隊が救援に到着します。岡本支隊は道に迷っていたようで、現地に慣れた満軍の案内が無かったのが惜しまれます。興安支隊は、安岡支隊の指揮下を離れ、岡本支隊(後に部隊長交代で長野支隊)の指揮下に入りました。
 興安支隊はホルステン川沿いに進む長野支隊の南に並んで、ホルステン南岸域での戦闘を7月末まで続けます。装備不十分な騎兵で、鉄条網で守られた陣地攻撃という難任務に挑んでいます。最左翼の騎兵第12団はハルハ川東渡目前の744高地を占領し、渡河しようとしたソ蒙軍300騎と激戦を展開するなど、それなりの成果を挙げました。7月23日に興安支隊の視察に訪れた小松原第23師団長も、支隊の奮戦を称えています。
 ただ、士気の低下が目立ち、脱走兵が続出しました。日系軍官は参謀や顧問といった高級士官までが軍刀をふるって前線に立ちますが、死傷が相次ぎ、幹部を失った部隊の士気統制はさらに失われる悪循環に陥っていました。国境警備を長く続けていた興安北警備軍と異なって、興安師は経験の乏しい新設部隊だったことも統制を欠いた一因のようです。
 7月31日、支隊司令部が爆撃を受け、野村中将も負傷後送されます。これはどうやら日本軍機の誤爆だったようです。この日、第8国境守備隊の派遣部隊(後の長谷部支隊)が増援として到着し始め、8月2日に興安支隊は後方へと下がりました。最終時の兵力は、わずか300人余りでした。興安支隊の正確な損害は不明ですが、ある参謀の記録では死傷2895人といいます。

 その後、8月上旬に旅団規模の満州国軍部隊2つ(石蘭支隊・鈴木支隊)が、軍管区の教導部隊などから集成されて出動しています。石蘭支隊はハンダガヤ南西方の970高地、鈴木支隊はハンダガヤ付近の守備を務め、兵力不足の日本軍を支えました。なお、石蘭支隊のうち歩兵1個大隊は、ソ連軍の総攻撃の最中の8月21日に日系軍官を殺害して、集団投降しています。鈴木支隊でも砲兵1個中隊が集団脱走する事件が起きています。
 興安支隊の解散後も、独立第1自動車隊は戦場に残り、停戦成立後も9月末まで輸送部隊として活動を続けました。前編で触れたような装備車両の優秀さもあったのでしょうが、その活動ぶりは日本軍自動車部隊を上回るもので、日本の沢田茂第4師団長から賞状を贈られるほどでした。成功の秘訣は、積載重量制限を守り、速度も自身の能力の80%に抑えるなど無理をしないことや、夜盲症対策に生鮮食品を確保していたことなどだそうです。
 装甲車隊も、敵戦車との交戦といった華々しいことは無かったものの、戦場にとどまっていました。野戦向きとは言えない装輪装甲車での砂地行動は苦労したようで、砂地で1両が立ち往生しているのを、8月5日に日本軍の高射砲部隊が見かけています。この日本軍部隊は、トラックで牽引して装甲車を救助しようとしたところ、自分も動けなくなってしまい、最終的には満州国軍のトラックに牽引してもらう愉快なことになりました。8月21日の石蘭支隊反乱事件では、簗瀬部隊長自ら装甲車を指揮してただちに石蘭支隊司令部の警備に向かっています。

 ノモンハン事件の結果、満州国軍の戦力価値には疑問符が付けられ、大幅な軍制改革が必要との評価を受けます。独立国の体裁を整えるために規模の拡大を進め過ぎたなどの反省が出ました。壊滅した興安師は第2師として再建され、第1師(靖安師)とともにたった2つの満州国軍の師団となっています。
 一方、満州国軍の自動車隊には高い評価が与えられ、大規模な拡張が進められています。1945年には7個自動車隊が編成済みでした。教育機関として1941年に奉天に自動車学校が開校され、1943年には自動車学校の教導部隊の中に機甲連(連は中隊に相当)が設置されています。装備は94式軽装甲車が約10両で、吉林省鉄嶺市の三咀子駐屯の日本軍部隊から移管された中古車でした。結局、この自動車学校機甲連が満軍で唯一の戦車部隊となります。ソ連対日参戦時には特に戦闘を行わなかったようなので、やはりノモンハン事件の二本松高地での戦闘が満州国軍史上唯一の機甲戦なのではないかと思うところです。(この章終わり

注記
1 第11戦車旅団の7月20日時点でのT-37水陸両用戦車保有数は、1両だけに減っています。ただし、同旅団のノモンハン戦全期間中のT-37損失は4両にとどまるという記録もあり、よくわかりません。
Comment
2011.01.30 Sun 13:49  |  Hikasuke #EPuAl4EM
ウルジン将軍、興安師、寺崎中尉……だいぶ前に読んだ『虹色のトロツキー』を思い出して懐かしいです。
そういえば図ってどうやって描かれてるのでしょうか。私、どうやって描いたらいいのか分からなくて困っているのです(汗
  [URL] [Edit]
2011.02.01 Tue 20:09  |  山猫男爵 #-
宛:Hikasukeさま
この件を調べてたら、「虹色のトロツキー」はちゃんと調べてあるんだなと感心しました。

図は、WindowsのMSペイントやフリーウェアのAzpainterで、書いてます。
大きめの地図はネットで拾ってきた普通の地図をトレースして簡略化。
レイヤー機能を使うと簡単です。
部隊配置図なんかは、参考文献の付図などを見てフリーハンドでエイヤッと(嗚呼適当)。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/288-e3480c85
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。