山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

WW1の墺軍ヘリコプター

heli.jpg こんな模型が出てるのかと、わりと最近知って感動したのが、これです。
 第一次世界大戦中の1918年に、オーストリア=ハンガリー二重帝国陸軍が試作した、弾着観測用の係留ヘリコプターPetroczy-Karman-Zurovec PKZ-2。観測気球と似たようなもの。星型エンジン3基に、木製の二重反転ローター装着。
 試作機は、ちゃんと最大高度50mまで飛んだそうです。飛行時間30分を記録。事故で壊れて、開発中止になったようですが。終戦後にイタリア軍が関連機材は接収したものの、後世に影響を与えたということはなさそうです。

 こちらのブログの素晴らしい仕上がりを見て、欲しい欲しい状態になりましたが、いまのところかろうじて踏みとどまっています。

 ところで、米国陸軍が第二次世界大戦後1955年に試作した個人用ヘリDH-4「ヘリ・ベクター」に、印象がかなり似てると思うのですが、いかがでしょう。

参考:http://www.aviastar.org/helicopters_eng/petroczy.php


追記
 有人飛行については怪しいという見方もあるようです。
 なお、開発者のテオドール・フォン・カルマン少尉は、後にドイツに招聘されて輸送用ヘリコプターの研究に加わりました。

参考:ジェイムズ・R. チャイルズ「機械仕掛けの神―ヘリコプター全史」(早川書房、2009年)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/30-ab24a5ca
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。