山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

日本兵のはなし ビルマ戦線―戦場の真実

玉山和夫、ジョン・ナンネリー「日本兵のはなし ビルマ戦線―真実の戦場」
 企業OBペンクラブ(訳) 原題“Tales by Japanese Soldiers” (マネジメント社、2002年)

日本兵のはなし―ビルマ戦線 戦場の真実総合評価:★★★★★
 第二次世界大戦における「忘れられた戦場」ビルマ戦線に従軍した元日本兵たちの回想を編纂した戦記集。イギリスおよびアメリカで出版された英語原版を、逆輸入の形であらためて和訳して日本でも出版したもの。原版はサンデータイムスの書評にも取り上げられた。

  全61話の回想者は主に日本陸軍の将兵で、海軍将兵や従軍看護婦もわずかに含まれています。階級は、上は少佐から、下は二等兵まで様々。所属部隊も、戦車・騎兵関係は無いものの、歩兵・砲兵・工兵・兵站・航空と色々揃っています。ただし、回想者本人の執筆ではなく、著者の玉山が、既存の連隊史などから対象者を選び、本人と会談や電話インタビューを通じて聴取し、物語として取りまとめたとのこと。
 エピソードは1話あたり5頁程度で、日本軍のラングーン侵攻から終戦までおおざっぱに時系列で分けた6部構成で配置されています。ビルマ戦線と言うと、インパール以後の日本軍敗走の部分だけにスポットライトが当たりがちですが、本書はバランス良い内容と感じます。
 個々のエピソードは短いながら、回想者の所属部隊や階級が明示され、時期も可能な限り特定されているため、資料性が高いです。日本で出版された従軍体験集では、部隊史系を除くと、漠然とつらかった苦しかったというものが多いように感じますが、本書は毛色が違います。
 もとの出版経緯が、狂信者ではない人間としての日本兵について理解を得ようというものであったためか、エピソードの選択は、人間味の感じられるものが意識的に拾われている傾向は感じます。捕虜に水をあげた話や、勇敢なイギリス兵に感心した話、水くみに行って敵兵と出くわしたが発砲しなかった話などが出てきます。
 他の日本側ビルマ戦線関係の書籍と比べると、牟田口廉也や花谷正らに対して好意的な回想が出てくるのも珍しいかもしれません。高木俊朗の著書などでは、まったくいいところのない狂人手前の最低人間扱いですが、本書には、花谷師団長から疲労を心配され声をかけられた兵長の回想があったりします。

 個人的には、従軍看護婦の話が興味深いものがありました。英軍に捕えられたあと、赤十字の旗を掲げていなかったことを非難され、「お前たち日本人は野蛮だ」と言われたのだとか。その後、インドの敵性民間人収容所に移送されるのですが、そこで日本の敗戦を信じるか否かの「勝ち組」「負け組」抗争があって、多数の死傷者が出たというのも初めて知りました。南米で同様の騒動から死傷者が出たのは知っていましたが、インドでもあったとは。

 著者の一人であるジョン・ナンネリーと、訳者の一人である稲沢達が、いずれも元ビルマ戦従軍者であったというあたり、この本の性格が良く出ています。そう簡単に全面和解というわけにはいかないでしょうが、かつての敵味方が協力し合って一冊の本を作るに至ったということに、ささやかな希望を感じます。お互いを人間として理解し合うための未来志向の戦記。

総合評価:★★★★★(発行の趣旨に賛同して。内容だけだと★4つかも。)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/303-7aa1c3e0
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。