山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

バナナジャムの作り方

banana_jam1.jpg 夜遅くにスーパーに買い物に行ったら、少し高級なブランドバナナが見切り品で1房50円と安くなっていたので、つい買ってしまいました。1房は、皮をむいてラップでくるんで冷凍バナナに。もう1房で、試しにバナナジャムを作ってみることにしました。

レシピ
分量は、完成品のジャム300ml相当。
・バナナ(大):4本
・レモン汁:レモン1個分
・砂糖:70gくらい
banana_jam2.jpg・水:30ml

1)バナナの皮をむいて、適当に小さくする。
  写真では手でちぎったので大きめだが、
  包丁などでもっと細かく刻んだ方が早く完成する。

2)バナナを鍋に入れ、砂糖と水全量を加えて着火。
banana_jam3.jpg  水が少ないようだが、
  加熱するとバナナは水分が意外に多く出る。
  水分が少ない最初は焦げやすいので、よくかき混ぜる。

3)バナナの形が崩れるまで、ひたすらかき混ぜながら煮込む。
  へらなどでバナナを潰してやっても、構わないと思う。
  写真のようにレンズが曇るほどの湯気が出る。
banana_jam4.jpg
4)レモン汁を加え、とろみが適度に付くまで混ぜる。
  ここで、ラム酒やブランデーを加えても美味しいはず。

5)完成。清潔な保存容器に入れる。
  写真で瓶を逆さにしているのは、
  こうすると良いと誰かに聞いたから。
  理由はよくわからない。
banana_jam5.jpg
出来たてはかなり酸味が強くて、金属的な風味ですが、
一晩寝かせると酸味がまろやかになると思います。

トーストに塗っても、ヨーグルトに混ぜても美味。
マフィンやバナナケーキの材料に使っても、おそらく良好。

関連記事
トマトジャムの作り方」(2011年7月18日)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/311-19ea3e0a
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。