山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

旧日本軍戦車の砲塔旋回と肩当て照準

 旧日本軍の戦車についてときどき話題になるのが、主砲の肩当て旋回・照準機構です。

 戦間期から第二次世界大戦までの世界各国の戦車では、砲塔を旋回させるために手回し式のハンドルを動力に使うことが一般的でした。砲塔リングの縁にギア溝が刻んであって砲塔が回る仕掛けです。照準調整も左右は砲塔ごとハンドル旋回して行い(下図2)、上下の調整(俯仰角)は別のハンドル操作で調整します。後になると砲塔旋回用の小型エンジンを積んだりした動力旋回砲塔も登場しますが(注1)。
 これに対し九七式中戦車チハなど日本陸軍の戦車の多くには、砲手が肩で砲尾を押し上げたりするだけで下図3のように砲塔から独立して上下左右に主砲を振れる独特の砲架構造(注2)が備わっていました。水平方向の砲耳だけでなく、垂直方向にも砲耳が通っているので砲だけが左右にも方向転換できるのです。手回しハンドルなどで操作するのに比べて瞬間的な俯仰角等の調整が容易なため、熟練した砲手ならば走行振動を体で吸収して、戦車を走らせながらの射撃(行進射)を有効に行うことが可能だったと言われます。八九式中戦車の九〇式五糎七戦車砲(口径57mm)で採用されて以後、九五式軽戦車や九七式中戦車などの主要な日本戦車の搭載砲に用いられてきました。
 なお、九五式軽戦車や九七式中戦車などが肩当て照準を採用といっても、砲塔の基本的な旋回動作は諸外国と同様にハンドル(転把)式の砲塔回転機を用いて行います(注3)。砲塔駐転機と呼ぶ固定装置も備わっており、このロックを解除しなければ地面の傾斜で砲塔が勝手に回ってしまうということはありません。戦車操典による正しい照準動作は、右手と右肩で砲架を支えつつ左手でロック解除→左手でハンドルを回して旋回→左手でロック固定という流れになります(注4)。
 こういうと肩当て式は良い事ずくめのようですが、搭載砲が重くなれば操作時の身体的負担は大きくなります。日本でも主に一式中戦車に搭載されたと思われる一式四十七粍戦車砲の後期型では肩当照準をあきらめて、転把照準に変えています。同軸機銃の採用も発砲反動で難しいという話があり、おそらく一番右に図示した様な現象が起きるのではないでしょうか。

 砲塔の肩当て操作と言った場合もう一種類あるのが、砲塔自体の旋回までもハンドルではなく肩当てによって行う方式です(下図1)。古くは、旋回砲塔を備えた最初の戦車として第一次世界大戦に登場したルノーFT軽戦車も、砲塔内側に設置された取っ手を握って人力旋回させるという同系列の操作法を採っています。日本では、九四式軽装甲車がその例です。
 非常に簡易な構造で済みますが、傾斜地では操作が難しくなります。なお、九四式軽装甲車の場合、砲塔駐転機でロックすることだけは可能だったようです。

<注記>
1.日本戦車でも75mm砲を載せた三式中戦車以降の中戦車では、砲塔の大型化に対応して電動式の砲塔旋回装置を採用しました。司馬遼太郎こと福田定一少尉も、戦車兵時代の回想的エッセイ「戦車の壁の中で」(初出:「小説新潮」26巻6号、1972年)において、三式中戦車の電動砲塔について言及しています。三式中戦車の電動旋回砲塔は、微妙な操作が容易だった手動式ハンドルに比べて軽快さで劣り、狙った位置に停止するのが難しかったとのこと。ただし、福田少尉が機械操作が下手だった点は差し引く必要がありそうです。また、手動に切り替えての微調整は可能だったと思われます。

2.日本戦車以外に採用例が無いわけではなく、例えばライバルであるアメリカ陸軍のM2A4軽戦車は、肩当式のM20型連動砲架を介してM3型37mm砲を積んでいました。M20型連動砲架は日本戦車同様の垂直軸砲耳を有する構造で、上下方向だけでなく左右にも10度ずつ砲身を振ることができ、またハンドルでも肩当てでも操作可能でした。後継のM3軽戦車でも改良型の連動砲架を採用しています。行進間射撃を目論んで俯仰角調整のみは肩当てによる例もイギリスなどにあったようです。

3.この点、たとえば「戦車マガジン」別冊の「帝国陸海軍の戦闘用車両」(デルタ出版、1992年)に、九五式軽戦車について「砲塔は手動旋回であるが、これはギアによる旋回ではなく、軽装甲車同様に砲手(車長)が主砲に肩を当て、肩の力で旋回させる方式だった」(64頁)とあるのは誤りです。同書65頁の砲塔内部写真でも明らかに砲塔旋回用のハンドルが写っていますし、砲塔リング部分にギア溝が掘ってあるのが見えます。

4.「戦車操典」、第2部 戦車隊教練、第46項参照

tank_turret

<参考文献>
佐山二郎「日本陸軍の火砲 歩兵砲 対戦車砲 他―日本の陸戦兵器徹底研究」(光人社NF文庫、2011年)
橘哲嗣「M3/M5スチュアート」(「戦車マガジン」1993年6月号、45頁)

Comment
2012.11.04 Sun 23:28  |  kasajizo #nr/c/5rQ
はじめまして。知らない事ばかりで参考になりました。
  [URL] [Edit]
2012.11.06 Tue 12:30  |  山野こうた #-
宛:Kasajizoさま
ありがとうございます。多少でもお役に立てば光栄です。
  [URL] [Edit]
2012.12.22 Sat 21:05  |  no name #-
おもしろかったです
  [URL] [Edit]
2013.01.05 Sat 17:34  |  山野こうた #-
> おもしろかったです

ありがとうございます。励みになります。
Re: タイトルなし  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/321-38933232
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。