山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

明治維新と王党派軍人

 ペドロ・メスニエールPedro Gastão Mesnierというポルトガル人が書いた“O Japão ; estudos e impressões de viagem.”(「日本 : 研究と旅の印象」)なる本の存在を知りました。1874年にマカオで発行されたもの。
 メスニエールは、幕末に日本とポルトガルの国交が回復した後に、日本を訪れたポルトガルの外交官です。1873年に全権使節として来日したマカオ総督サン・ジャヌアリオSão Januário子爵の随員だったようです。有名なヴェンセスラウ・デ・モラエスWenceslau José de Sousa de Moraesの来日より15年ほど前のことになります。
 王政復古・明治維新により変わりゆく日本の様子が記録されているとのこと。

 さて、そのうちの1冊が、どういう経緯をたどったのか知りませんが、国際日本文化研究センターに収蔵されています。
 こちらがその目録のデータなのですが、個人的に気になるのが、注記の『表紙にある標題紙に H. de Paiva Couceiro' との書き込み』という部分です。
 私は、この書き込みに適合する名前の人物を一人知っています。エンリケ・デ・パイヴァ・コウセイロHenrique de Paiva Couceiro大佐、以前に取り上げたように、王党派の軍人として3度にわたって王政復古を狙った反乱を起した男です。1861年生まれなので、年代としては計算が合わなくもない。

 同姓同名の他人の可能性のほうが高い気はしますけど、もしも同一人物であったなら、一体どんな理由で遠い東洋の国についての本を手に取ったのか。日本の王政復古の「成功」を読んだことは、彼の行動に何か影響を与えたのか。日本の王政復古は、かえって封建社会の崩壊と国家の近代化を呼んだことは、どう思ったのか。
 売れない歴史小説の種になるくらいには、ちょっと面白い話だと思ったのですがどうでしょう。

参考
ポルトガル人のみた19、20世紀の日本」(ポルトガル国立図書館公式サイトより)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/33-ef2a76e8
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。