FC2ブログ

山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

鋼棺戦史(第3部 悲島戦線・第4章・前編)

第三部 悲島戦線
4 鹵獲兵器たちの戦場


事実上日本陸軍の最強MBTとして大活躍したことは知られていない。
    ―戦車マガジン1992年4月号別冊『帝国陸海軍の戦闘用車両』―

 1941年12月の太平洋戦争開戦時、米領フィリピンには米軍の主要機甲戦力として次の2個戦車大隊を基幹とする臨時戦車集団と戦車駆逐車(対戦車自走砲)装備の臨時野戦砲兵旅団が存在していました。
M3tank_26th_cavalry・臨時戦車集団(注2
・・司令部
・・第192戦車大隊(D中隊欠):M3軽戦車54両
・・第194戦車大隊(B中隊欠・第192戦車大隊D中隊配属):M3軽戦車54両
・・第17機甲整備中隊
・臨時野戦砲兵旅団:T12・M3/75戦車駆逐車(GMC)50両で3個大隊を現地編成(注3
 以上の合計兵力はM3軽戦車108両とT12・M3/75戦車駆逐車50両のほか、M2・M3ハーフトラック装甲兵車46両、珍しいことに英国製のブレンキャリアー装甲車も保有していました。ブレンキャリアーは、マニラ避泊船に積まれていた英軍向け増援物資を転用したものです(注4)。ほかには第26騎兵連隊に若干の装甲車があった程度のようです。
 フィリピン配備のM3軽戦車は、初期型で視察設備不良など完成度の低い段階でしたが、軽戦車としては厚い装甲(前面:38mm)で日本軍を悩ませました。もっとも米側乗員の回想を読むと日本側戦記物のイメージほどに無敵状態でもなく、日本側の対戦車火器の攻撃を被弾すれば、それなりの危険はあったようです(注5)。

 さて、これらの米軍装甲戦闘車両は、一部が日本軍によって鹵獲されて「押収戦車」と称して活用されたことが知られています。M3軽戦車は「日本軍最強の戦車」などと冗談めかして語られるほどです。
 フィリピン攻略作戦で鹵獲された装甲戦闘車量の総数は不明ですが(注6)、その後の運用状況を見ると、日本軍によって稼働状態に整備された車両だけでM3軽戦車約20両(注14)、M3戦車駆逐車4両以上、M2装甲兵車若干と推定できます。詳しくは後述のとおり、フィリピンで鹵獲されたM3軽戦車の最終的な配備先として確認できるのは第100・102・103・105師団特種戦車隊に各4両、そのほか戦車第4連隊や捜索第30連隊でも使用されています。M3戦車駆逐車は1944年1月頃の調査で4両が整備可能と判定されており(注15)、実際に第103師団砲兵隊に4両が配備されたようです。M2装甲兵車は砲兵牽引車として使用中に撃破された写真が残っており、少なくとも1両が再生されたのは確実ですが、それ以上の詳細はわかりませんでした。
 なお、これらとは別にビルマ戦線でも英軍装備のM3軽戦車多数が鹵獲使用されています。

M3tank_IJA_7th_tankregiment フィリピンでの鹵獲M3軽戦車の実戦利用は、早い事例としてルソン島攻略作戦の最後となったコレヒドール島上陸作戦(1942年5月)において、戦車第7連隊の臨時編成中隊が新鋭の47㎜砲装備の九七式中戦車等を率いる中隊長車として鹵獲M3軽戦車を投入しています。コレヒドール島に上陸した鹵獲M3軽戦車は、九七式中戦車では登れない断崖を登り、後続戦車を牽引して台地上に引き上げる優れた登坂能力を発揮して活躍しました(注7)。こちらのウェブサイトにその時の写真とされるものが掲載されています。
 米軍の降伏後にマニラで行われた閲兵式の写真(右掲)でも、戦車第7連隊の車列に4両のM3軽戦車が並んでいます。

 その後、フィリピンで鹵獲されたM3軽戦車は、一部が蘭印へ転戦する戦車第4連隊の装備(終戦時所在のティモール島に2両残存。注16)や研究資料(注17)として島外に持ち出されたものの、主力はそのままフィリピンの守備隊に配備されたようです。
 フィリピンの占領後、日本軍は攻略部隊のほとんどを他戦線に転用し、1943年初頭の日本軍駐屯兵力は第14軍指揮下の第16師団・3個独立守備隊・2個連隊(第65旅団の残置部隊)に減少していました。「独立守備隊」はフィリピン防備の主役として、次のとおり新編成されたものです。
・第10独立守備隊(南比=ミンダナオ島等駐屯):独立守備歩兵第31~35大隊
・第11独立守備隊(中比=セブ島・パナイ島等駐屯):独立守備歩兵第36~39大隊
・第17独立守備隊(ルソン島北部駐屯):独立守備歩兵第62~65大隊
 このうち第10独立守備隊は事前に計画されて内地から派遣されたものですが、他の2つは現地復帰した後方勤務部隊等を基にして編成されたもので、いずれも戦力は弱体でした。砲兵隊などの特科部隊はなく、人員も士官はほとんど予備役応召、年単位で銃を扱っていない兵站部隊の兵や、一度も銃を撃ったことがない補充兵もいる有様でした。したがって、これらの独立守備隊にとって、M3軽戦車等の鹵獲兵器は貴重な重装備だったと思われます。
 1942年12月における第11独立守備隊の独立歩兵第37大隊(パナイ島南東部イロイロ)の作戦命令には、おそらく鹵獲M3と思われる軽戦車2両以上からなる戦車小隊が登場しており、島内の討伐作戦や示威行動に参加していました(注8)。1943年4月時点ではパナイ島内の軽戦車が4両に増えています(注9)。第11独立守備隊以外の状況は史料で確認できていませんが、同様の小隊規模の戦車隊が編成されていた可能性はあると思います。

 コレヒドール要塞が陥落して米比軍が一応降伏した後も、ゲリラはフィリピン各地で戦闘を継続していました。この米比軍ゲリラはゲリラと言っても元正規軍将兵を中心にして、武器弾薬も相当量を保有し、オーストラリアの米軍司令部からも指揮を受けて潜水艦による物資援助もあり、住民の支持にも支えられた強敵でした。
 フィリピンを占領した日本の第14軍は、ゲリラに対する掃討戦を実施しますが、部隊転出による兵力不足もあって苦戦します。例えば、1942年11月には第16師団の歩兵第9連隊長の武智漸大佐が、ルソン島南部の掃討作戦中にゲリラの待ち伏せで戦傷死しています(注10)。
 こうした対ゲリラ戦の中には鹵獲M3軽戦車と思われる戦車の交戦記録もあります。1943年2月25日、第14軍司令官の田中静壱中将はパナイ島に戦闘司令所を進め、積極的な掃討戦を指導します。このときパナイ島には第11独立守備隊(隊長:井上靖少将)の独立守備歩兵第37・第38大隊と第10独立守備隊の独立守備歩兵第33大隊が展開しており、独立歩兵第37大隊の指揮下の軽戦車3両も部落に分駐して警備に参加していました。ところが、この頃、パナイ島のゲリラは日本軍の自動車や鉄道を標的として電気発火地雷による攻撃を行うようになっており、戦車も狙われて日本軍拠点の一つのカリノグ部落付近で1両が撃破されてしまったのです。幸い、この戦車は別の戦車が後日牽引して回収し、返納予定であった戦車(故障車両?)の部品で共食い整備することにより復活できました(注11)。
 このパナイ島掃討作戦は田中第14軍司令官自身も1943年3月5日に峠道でゲリラに包囲されて孤立し、「戦死した」という誤報が飛ぶなど容易ならざる戦いとなり、ゲリラに決定的な打撃を与えることもできませんでした。田中中将は前線指揮中に悪性の病気に罹患したようで間もなくこん睡状態に陥って、5月19日に軍司令官を更迭されるという個人的にも不幸な結果となります(注12)。

 1943年5月以降、ガダルカナル島から撤退してきた第2師団が戦力回復を兼ねてフィリピンの掃討戦に加入し、東條英機首相肝いりで同年10月のフィリピン独立に向けた掃討作戦強化が図られた結果、ようやくフィリピンの治安は幾分安定したと判断されます。
 フィリピン戦を舞台にした国策映画『あの旗を撃て』は1943年8月撮影開始ですから(注13)、この頃にフィリピンでロケが行われていたことになります。同映画で米軍部隊がマニラから退却するシーンでは、鹵獲されたM3軽戦車4両とM3戦車駆逐車1両が米軍車両役で走り回る貴重な映像を見ることができます(動画リンク)。
 しかし、映画で描かれた日本軍を歓迎するフィリピン市民の情景とは裏腹に、実際にはフィリピン全土のうち7割はゲリラ支配地域として残り、日本軍にとって悩みの種であり続けます。(続く)


<注記>
  1. 本章の執筆にあたっては、蛙機関氏から多大なる示唆と資料提供を頂きました。
  2. Armored School (1949-1950) "A Research Report : Armor on Luzon" , Kentucky: Fort Knox, pp.16-18
  3. スティーヴン・ザロガ『M3ハーフトラック1940‐1973』大日本絵画、2005年、37頁。
  4. 前掲 ザロガ『M3ハーフトラック1940-1973』、8頁。
  5. 日本語版を比較的容易に入手できる米軍戦車兵の回想として、テニー・レスター『バターン 遠い道のりのさきに』梨の木舎、2003年。
  6. スティーヴン・ザロガ『M3&M5スチュアート軽戦車1940-1945』大日本絵画、2003年は「日本は最終的に31両のM3軽戦車を拿捕したと発表」(15頁)と述べていますが、不正確と思われます。これは第14軍司令部「戦況報告 附表第2 主要鹵獲(押収)軍需品一覧表 昭和17年2月20日現在」(JACAR Ref.C14020640200、画像2枚目)に記載の「戦車」31両が典拠と思われますが、同史料はルソン島の戦闘継続中である1942年2月時点において作成されたもので、その後のバターン半島攻略戦で鹵獲された分は含んでいません。また「戦車」にはM3戦車駆逐車(自走砲)や装甲兵員輸送車であるM2/M3ハーフトラックも含まれていると思われ、M3軽戦車の正確な鹵獲数は不明です。
  7. 土門周平『人物戦車隊物語―鋼鉄のエース列伝』光人社、1982年、168頁以下。
  8. 「独守歩37作命甲第70号」『イロイロ憲兵分隊 情報記録綴』 JACAR Ref.C13071906000、画像15枚目。
  9. 「ビサヤ地区彼我態勢要図(四月中旬)」『イロイロ憲兵分隊 部外作命情報綴』 JACAR Ref.C13071903100、画像47枚目。
  10. 戦史叢書『捷号陸軍作戦(1)』 、15頁。
  11. 戸塚部隊「情報記録 昭和十八年三月下旬」『イロイロ憲兵分隊 部外作命情報綴』 JACAR Ref.C13071902900、画像15枚目。同「情報記録 昭和十八年四月上旬」同、画像34枚目。
  12. 戦史叢書『捷号陸軍作戦(1)』 、19~20頁。田中静壱は一命をとりとめ、終戦時には第12方面軍司令官兼東部軍管区司令官として宮城事件等を鎮圧後に自決。
  13. 笹川慶子「日比合作映画『あの旗を撃て』の幻影ー占領下フィリピンにおける日米映画戦はいかにして戦われたかー」『關西大學文學論集』60巻10号、2010年、72頁。
  14. 日本戦車研究者の滝沢彰(Taki)氏の教示によると、第一装軌車修理隊で鹵獲M3軽戦車12両を整備した旨の回想があるとのことです。乗員は第65旅団の人員を訓練したとのこと。
  15. 黒山恒太(第一陸軍技術研究所所員陸軍兵技中佐)「第十四軍押収兵器整備要員出張報告」『支那事変 大東亜戦争 出張報告綴』JACAR Ref.C14010960600、画像11枚目。
  16. 第一復員局『第四十八師団戦史資料並に終戦状況』 JACAR Ref.C14060960400、画像39枚目。
  17. 陸軍省兵器局機械課「陸亜普受第2045号 兵器下付ノ件 昭和17年4月28日」『昭和17年 陸亜普大日記第7号』 JACAR Ref.C06030064300

      
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/333-ad742ee3
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文: