山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

今度はメバチ

 先日、東大西洋のクロマグロについて漁獲規制強化や養殖による対応という報道がありましたが、今度はメバチマグロの漁獲も規制強化という話が入ってきています。

メバチ30%削減を=事務局が提案-中西部太平洋まぐろ委」(時事通信12月1日)
「太平洋中西部のマグロ資源を管理する中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)事務局がメバチマグロ漁獲量の30%削減を提案していることが分かった。8日から韓国・釜山で開かれる年次会合で議論される見通し。」

 メバチマグロはクロマグロよりも安いマグロとして流通しており、普段の食事にも影響が出そうです。

 日本は、「漁業者への影響が大きい」として直ちに削減には応じられないとしているといいます。
 今回問題になっている中西部太平洋水域では、2006年の場合、太平洋全体のメバチマグロ漁獲量22万6千トンのうち、約半分の12万3千トンを占める水揚げがされています。さらにそのうち、最大割合の約3万6千トンを日本船が水揚げしているようです。たしかに、日本の漁船が最大の影響を受けることになります。
 ちなみに、日本以外ではフィリピン、インドネシア、韓国、台湾などが多いとされます。特に、ここ数年で2万トンを漁獲するようになったインドネシアの伸びが目立ちます。単にこれまで捕捉できなかった暗数が表出してきたという面もあるのかもしれませんが、気になるところです。

 では、肝心の資源状態がどうかというと、日本の調査では1970年以降の総資源量は、ほぼ安定しているということです。1970年以前に比べると絶対的な資源量は減っているものの、加入量が増加しているため、資源が安定利用できているようです。現在の資源水準のほうが、再生産が増え利用が最大効率化する資源量(MSY水準)に近いのだそうです。
 初期資源量に対する現在の資源水準は、仮説によっては海区平均で28%と言い、一見するとぎょっとする数字です。この数字を出して、マグロは絶滅寸前といわれれば、納得しそうです。
 しかし、これでも理論上MSYを上回っており、もっと資源量が減るような漁獲をしうるといいます。(絶対数を減らしすぎると、加入量が減った場合に劇的な影響になるでしょうから、単純にもっと減らしたほうがいいとはいえないでしょうけど。)
 結局、現状の捕獲では乱獲とは言えないと結論付けています。もっとも、高い加入量が続かない場合、資源枯渇につながるとは言います。

 個人的な感想としては、漁獲統計上の暗数や、資源推定の不確実さ、絶対的な資源量減少による冗長性の小ささ、インドネシアなどの急激な伸びなどを考えると、早めに手を打っておくのも必要だろうとは思います。特に、今のところそれほどではない中国の漁獲が、今後増加する蓋然性からすると、そう思えます。だいたい、マグロなどの大型魚を食べすぎという気がするのは、さておいても。
 ただ、一応、科学的に見ると、日本の主張がそんなにおかしいわけでもないとは言えそうです。


参考
平成19年度 国際漁業資源の現況 」(独行法・水産総合研究センター)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/35-0ff94cee
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。