山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

外来種問題とウナギ

『外来カエル繁殖で県が調査 大量の卵など確認(和歌山)』
『県立自然公園に指定されている田辺市新庄町鳥ノ巣で、環境省の要注意外来生物アフリカツメガエル(ピパ科)が繁殖している問題で、県と県立自然博物館が調査に乗り出した。』(以下略)

 アフリカツメガエルと聞いて、小学校の理科室を思い出しました。水槽の水の中に立ち泳ぎで浮いていた真っ黒い奴。エアーポンプの低い振動音。
 それはさておき、繁殖とは困り者です。熱帯系のくせに、温かい和歌山とはいえ越冬できるとは、しぶとい。話題のツボカビ持ちで、しかも自分は耐性を獲得しているというのが、またたちが悪い。
 人間の手で実験用に持ち込んでおいて、たちが悪いとは、かわいそうなのはかわいそうですが。

 記事とは関係ないですが、ウナギも外来種の生息が確認されているようです。例のヨーロッパ種=アンギラ種。
 養殖魚の脱走や、放流が原因ではないかと言います。中には、発育不良の養殖魚の捨て子までいるようです。
 専門家の方が、生態的地位をめぐっての競合で、在来種を圧迫しないか、心配されています。かつて未確認生物UMA「イッシー」で名を馳せた池田湖でも、天然記念物のオオウナギに代わって、巨大化したヨーロッパウナギが主となっているとか。
 もっとも、他の生物種における外来種に比べれば、それほど深刻な問題ではないと、個人的には思います。ウナギの場合には、繁殖地が極めて限定されているので、第二世代や雑種が誕生することは無いのではないでしょうか。ヨーロッパウナギの場合、繁殖地はサルガッソー海ですが、パナマ運河を往復するとは思えません。仮に、サルガッソーへ帰れたとしても、子供は日本まで来ないでしょう。
 いささか楽天的でしょうか。「馬鹿な、こんな非科学的なことが。ウナギの意志の力は、パナマをも超えるというのか!」

参考:「いらご研究所」より
日本の川にヨーロッパのウナギがいる?
鰻談放談-3-日本水域にいるヨーロッパウナギについて-
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/44-d63b1184
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。