山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

 電車に乗って、都心の大型書店へ出かけてきました。
 ある女性への贈り物を用意しなければならないことになったからです。何にしようかとしばらく考えてはいたのですが、自分のセンスの無さやらから、結局本にすることにしてしまったのです。

 久しぶりのその書店は、大変繁盛している様子でした。
 まずは、事前に目をつけておいたファンタジー小説を買って包んでもらい、とりあえず目的を達成。具体的になんという本かは、内緒です。クリスマス前ということがあってか、プレゼント用の包装をする店員さんも手馴れた様子でした。
 後は、せっかくなので適当に店内をうろついて、立ち読みなどすることにいたしました。

 平積みになった本を眺めていくと、ずいぶんと意外な本が並んでいて驚きました。
 まず、岡嶋二人のコーナーが出来ていたこと。「99%の誘拐」が、宝島社「この文庫がすごい」ミステリー部門第1位に選ばれたからのようです。一瞬、岡嶋二人が再結成でもしたのかと思ってしまいました。しかし、どうして急に今頃「99%の誘拐」なのか、謎です。私の好きな「クラインの壺」も並んでいました。
 それから、ハインラインの「人形つかい」が、新装丁になって平積みになっていたのにも驚きました。以前は西洋人形の表紙だったのが、捜査官と現場保存用のテープが描かれたライトノベル風のものに変わっていたのです。同名タイトルの別作品かと思ったのですが、やはりハインラインの同じ作品でした。
 見れば、他にも新装になったハヤカワSFが並んでいます。ファンタジーブームに乗って、早川書房が、SFに力を入れ直してくれるということなのでしょうか。だとすれば、うれしい限りです。

 新刊の文庫本を中心に、10冊ばかり購入。ちょっといいなと思える絵本もみつけたので、それも、最初に買った本と一緒に包んでもらいました。

 これで、懸案のプレゼントも用意できたことですし、正月に叔父の家へ行く荷造りも早く済ませなければと思います。
 後は、今日買った本の選択が間違っていなかったかが、心配なところです。このクリスマスプレゼント兼お年玉を、小さい従妹が気に入ってくれると良いのですが。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/9-0c8e4d85
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。