山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

チモール―知られざる虐殺の島

 イスラエル情勢が、相当に危ない状況になっているようです。PKO部隊にも被害が出ているとか。
 イスラエル・シリア国境のゴラン高原には、自衛隊のPKO部隊が展開していますが、その割りにほとんどニュースを聞きません。ゴラン高原の活動は、もう10年にもなりますから、忘れられてしまっているのか。
 とある掲示板で冗談めかしてこの話を書いたら、「イラクからはもう撤退したの知らないのか」と返答をもらってしまったのですが、ただの煽りだったと信じたいものです。みんな本当に忘れてしまったのでしょうか。
 ゴラン高原駐留のPKO部隊(UNDOF)では、2005年7月末まででは、地雷5名、殺人2名の敵対行動による犠牲者を出していたとあります。
参考:外務省資料
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pko/g_undof.html
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pko/undof.html

 ところで、イスラエル情勢の緊迫化の煽りを食ったか、そこそこ報道されていた東ティモールのニュースも、聞かないような気がします。独立の際には、日本の自衛隊も支援に行ったのですが。ちょっと冷たいような。


田中淳夫「チモール 知られざる虐殺の島」
                 (増補版,彩流社,1999年)

チモール―知られざる虐殺の島総合評価:★★★★☆
 「探検家」である著者が、東ティモールの近現代史について、自己の経験も踏まえながらまとめた一冊。ポルトガル統治時代から、太平洋戦争前の日本との関係、戦時中の日本占領時代、戦後の独立運動やインドネシア軍の侵攻などを丁寧に追っていく。
 増補版は、1988年に刊行された初版に、最近の情勢を加筆した内容になっている。
 「帝国の守護者」シリーズの参考資料として読んだ本です。

 著者は、探検家だそうで、ほかにもソロモン諸島についての著作があります。さらに「日本一の森林ジャーナリスト」の肩書きも持ち、田舎暮らしや森林利用についての著作も多数ある、なかなか多彩な方です。公式ホームページは「夢見る森林ジャーナリスト 田中淳夫の仕事館

 本書の内容は、戦前部分では、日本海軍が関わったティモール島開発計画についてが中心となっています。参考にさせていただいた飛行艇航路の話のほか、あの甘粕元憲兵大尉が、満州に渡る前に訪れていたという話なども載っています。
 戦中の記述に関しては、軍事面の記述が豊富です。占領作戦から、現地人を巻き込んでのゲリラ戦の様相、さらには後述する諜報戦まで。
 ポルトガル人たちの運命についても、詳しくまとめられています。元となった資料は、戦史叢書のほか、駐留した第48師団の文書・部隊史が多く用いられているようです。
 戦後史については、ポルトガルの再占領から、共産系独立組織フレテリンの活動、インドネシア軍がスロジャイ作戦の名の下侵攻する過程を描いています。
 加筆部分では、インドネシア政府が、独立容認に方針を急転換した背景事情についてもふれています。どうやら、もともと、東ティモールの経済的負担の大きさに、耐えかねていた部分があるようです。
 前掲公式サイトから、目次などがご覧になれます。

 非常に興味深いと思ったのは、戦時中の諜報戦・ゲリラ戦の話題です。
 現地人に紛れて「酋長」のようになっていた特務機関員や、ポルトガル人ゲリラ部隊の暗躍などがあります。捕獲したゲリラの通信機を用いて、偽電を打ち、補給物資をせしめたり、偽情報を流した話もあったり。
 その中でも極めつけは、オーストラリア本土への「上陸作戦」です。いくつかの特務機関が計画して、中野学校系のある部隊は、実際に1個分隊程度を上陸させたといいます。戦後まで連合軍側は気付かず、後に発覚したときは大騒ぎになったようです。上陸部隊が持ち帰ったお土産のオーストラリアの石が、証拠となり、そのうえ鉱物資源の発見にも役立ったとか。

 タイトルの「虐殺」と言うのは、戦前のポルトガルの過酷な統治のほか、日本占領下での残虐行為、戦後のインドネシア軍の行為を指すようです。
 日本占領下での死者については、3万人とも言われるようで、著者は1万人ほどと推定しています。

総合評価:★★★★☆(タイトルの通り、未知の話の宝庫である。)
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://yamanekobunko.blog52.fc2.com/tb.php/94-5b9d5011
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。