山猫文庫第3版

書評と軍事史関連のレポート、その他ニュースを見て感じたことなど日常のあれこれについて。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top  このエントリーをはてなブックマークに追加

最悪の戦場 独立小隊奮戦す

緩詰修二「最悪の戦場 独立小隊奮戦す―沈黙五十年、平成日本への遺書」
                 (光人社NF文庫、1999年)
総合評価:★★★★☆
 第53師団(安兵団)歩兵第119連隊(浅野連隊)機動砲小隊長を務めた著者が、晩年、自身の戦場経験を率直に書き残した個人戦記。1993年初版の単行本を、1999年に文庫化。
 太平洋戦争後期のビルマ戦線では、日本軍が、インパール作戦にも敗北して、優勢な連合軍の反撃を迎えていた。
 こうした中、ビルマに増援として到着した第53師団には、対戦車戦の切り札として新型の47mm機動速射砲が配備された。馬ではなく牽引車に運ばれる機動砲は、日本軍歩兵の中で異色の存在であった。百合少尉は、連隊本部直属として特設された機動砲小隊長に任命され、イギリス軍戦車部隊に対する待ち伏せ戦闘に身を投じていく。

日本兵のはなし ビルマ戦線―戦場の真実

玉山和夫、ジョン・ナンネリー「日本兵のはなし ビルマ戦線―真実の戦場」
 企業OBペンクラブ(訳) 原題“Tales by Japanese Soldiers” (マネジメント社、2002年)

日本兵のはなし―ビルマ戦線 戦場の真実総合評価:★★★★★
 第二次世界大戦における「忘れられた戦場」ビルマ戦線に従軍した元日本兵たちの回想を編纂した戦記集。イギリスおよびアメリカで出版された英語原版を、逆輸入の形であらためて和訳して日本でも出版したもの。原版はサンデータイムスの書評にも取り上げられた。

  全61話の回想者は主に日本陸軍の将兵で、海軍将兵や従軍看護婦もわずかに含まれています。階級は、上は少佐から、下は二等兵まで様々。所属部隊も、戦車・騎兵関係は無いものの、歩兵・砲兵・工兵・兵站・航空と色々揃っています。ただし、回想者本人の執筆ではなく、著者の玉山が、既存の連隊史などから対象者を選び、本人と会談や電話インタビューを通じて聴取し、物語として取りまとめたとのこと。
 エピソードは1話あたり5頁程度で、日本軍のラングーン侵攻から終戦までおおざっぱに時系列で分けた6部構成で配置されています。ビルマ戦線と言うと、インパール以後の日本軍敗走の部分だけにスポットライトが当たりがちですが、本書はバランス良い内容と感じます。

海防艦第二〇五号海戦記―知られざる船団護衛の死闘

江口晋「海防艦第二〇五号戦記」
          (光人社NF文庫、2007年)

海防艦第二〇五号海戦記―知られざる船団護衛の死闘 (光人社NF文庫)総合評価:★★★★☆
 太平洋戦争中に海防艦へ乗艦した一水兵の回想。「回想 海防艦第二〇五号」(東京経済、1994年)の改題。
 1944年、日本海軍舞鶴海兵団に入隊した筆者が、訓練の後に配属されたのは丙型海防艦第205号であった。すでに敗色濃厚な中、海防艦は日本の生命線たるシーレーン防衛を担い、潜水艦や爆撃機に立ち向かう。機雷術練習を受けた筆者も、艦の主兵装たる爆雷員として懸命に戦った。しかし、戦局は悪化の一途で、ついには北海道の室蘭港にいてさえ、敵戦艦の艦砲射撃にさらされるのであった。
 1945年、ついに敗戦。からくも生き残った海防艦第205号は、特別輸送艦として復員輸送に従事する。12月、筆者は待ちに待った召集解除を迎え、故郷の新潟へと帰りつく。

満鉄厚生船の最期

深瀬信千代「満鉄厚生船の最期」
総合評価:★★★☆☆
 第二次世界大戦期の「王道楽土」満州国とソ連の国境である黒竜江、そこには「厚生船」と呼ばれる特別任務の船が運航されていた。任務は、開拓のために各地に入植した人々へ、生活物資とささやかな娯楽を運ぶこと。
 1945年、噂されていたソ連の対日参戦が現実のものとなった時、厚生船は最期の時を迎える。国境地帯に残された乗員たちの苦しい逃避行が始まる。
 満鉄厚生船の元責任者が回想したノンフィクション。

ノモンハンの戦い(シーシキン文書)

シーシキン他「ノモンハンの戦い」
  田中克彦(編訳)  (岩波現代文庫、2006年)

ノモンハンの戦い (岩波現代文庫)総合評価:★★★★☆
 ノモンハン事件についてのソ連側資料として、戦史叢書などでも利用されてきた通称「シースキン資料」こと「一九三九年のハルハ河畔における赤軍の戦闘行動」を、一般読者向けに全文翻訳して出版した表題作。さらに、ソ連側の従軍記者としてノモンハン事件を見たコンスタンチン・シーモノフによる回想録「ハルハ河の回想」も抄録。
 日本の帝国主義者によってノモンハン事件はどのように起こされ、いかにして英雄ジューコフ率いる赤軍とモンゴル人民がその野望を打ち砕いたのかを解き明かす、ソ連側の公式的かつ古典的な説明の基礎文献。
プロフィール

山猫男爵

Author:山猫男爵
ここは「塹壕文庫」「山猫文庫第二壕」に続いて三代目のブログになります。
連絡したいことがある方は、記事のコメント欄か、サイドバー下方のメールフォーム、あるいはツイッターから、お気軽にどうぞ。
Twitter:baron_yamaneko

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
参加企画
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール(不要ならそのまま):
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。